第76期将棋A級順位戦・名人戦挑戦争い(2018年3月2日)まとめ

2018年3月4日

将棋の2017年度(2017年4月~2018年3月)A級順位戦(第76期)の名人戦挑戦権争いのまとめ。

最終局(2018/3/2)直前の時点で名人戦挑戦の可能性のある棋士と、その条件について。

最終局直前の順位

まず、①勝ち星 ②番付 で暫定順位をつけると…

※羽生竜王は1局消化が多く、最終局は「休み番」。

暫定1位:羽生善治竜王 6勝4敗(番付2位)

暫定2位:久保利明王将 6勝3敗(番付9位)最終局 vs深浦九段

暫定3位:豊島将之八段 6勝3敗(番付10位)最終局 vs広瀬八段

暫定4位:稲葉 陽八段 5勝4敗(番付1位)最終局 vs行方八段

暫定5位:広瀬章人八段 5勝4敗(番付4位)最終局 vs豊島八段

暫定6位:佐藤康光九段 5勝4敗(番付8位)最終局 vs屋敷九段

暫定7位:渡辺 明棋王 4勝5敗(番付3位)最終局 vs三浦

暫定8位:深浦康市九段 4勝5敗(番付7位)

暫定9位:三浦弘行九段 4勝5敗(番付11位)最終局 vs渡辺

暫定10位:行方尚史八段 3勝6敗(番付5位)

11位:屋敷伸之九段 2勝7敗(番付6位)降級

残留争いまとめはコチラ>>

名人挑戦の可能性のある棋士

3月2日の最終局を残した時点で、名人戦挑戦者になる可能性のある棋士は、5勝以上を挙げている羽生竜王久保王将豊島八段稲葉八段広瀬八段佐藤九段の6人。

前述の通り、羽生竜王は他の棋士よりも1局多く消化しているため、前節で全対局を終了(6勝4敗)。

また、最終局での名人戦挑戦者決定に関わる直接対決は、豊島八段 vs 広瀬八段の1局のみ。

自力で名人戦挑戦者になれるのは?

暫定1位:羽生善治竜王 6勝4敗(番付2位)

暫定2位:久保利明王将 6勝3敗(番付9位)最終局 vs深浦九段

暫定3位:豊島将之八段 6勝3敗(番付10位)最終局 vs広瀬八段

暫定4位:稲葉 陽八段 5勝4敗(番付1位)最終局 vs行方八段

暫定5位:広瀬章人八段 5勝4敗(番付4位)最終局 vs豊島八段

暫定6位:佐藤康光九段 5勝4敗(番付8位)最終局 vs屋敷九段

6人のうち、自力で名人挑戦者になる目があるのは、7勝目を挙げる可能性のある久保王将と豊島八段の2人。

2人が揃って7勝目を挙げた場合、この2人によるプレーオフが行われる。

どちらか片方のみが7勝を挙げた場合、その時点で名人戦挑戦者が決定する。

久保王将、豊島八段がともに敗れた場合

久保王将、豊島八段がともに敗れた場合、「結果待ち」の羽生竜王、豊島八段に勝ったことになる広瀬八段を含め、6勝4敗が最低でも4人発生することになる。

稲葉ー行方戦、佐藤康ー屋敷戦の結果によっては、最大6人が6勝4敗で並び、6人によるプレーオフ(パラマス方式のトーナメント)が行われることになる。

暫定1位:羽生善治竜王 6勝4敗(番付2位)

暫定2位:久保利明王将 6勝3敗(番付9位)最終局 vs深浦九段

暫定3位:豊島将之八段 6勝3敗(番付10位)最終局 vs広瀬八段

暫定4位:稲葉 陽八段 5勝4敗(番付1位)最終局 vs行方八段

暫定5位:広瀬章人八段 5勝4敗(番付4位)最終局 vs豊島八段

暫定6位:佐藤康光九段 5勝4敗(番付8位)最終局 vs屋敷九段

スポンサードリンク