2018/3/2順位戦・久保vs深浦[速報]将棋ソフト形勢判断

2018年3月4日

2018年3月2日(金)の第76期名人戦・A級順位戦最終局。

名人挑戦権争いをしている久保利明王将 vs 残留争いをしている深浦康市九段の一戦の速報&将棋ソフト形勢判断。

この将棋の棋譜(将棋ソフト解析つき)はコチラ>>

初手▲7八飛

「勝てば、最悪でもプレーオフ」の状況の久保王将。そんな大一番でも、初手はお茶目に▲7八飛。

夕食休憩時の局面

elmo形勢判断:±0(互角)

夕食休憩時、±0という「まったくの互角」。

深浦優勢から混沌

深浦優勢

まずは深浦九段が局面をリード。

elmo形勢判断:-712(深浦優勢)

桂香 vs 歩3枚という駒割りは、やはり桂香を持った後手に分があるか。

形勢が混沌

ここで深浦九段は△1五歩。が、これをelmo先生は「疑問手」判定。

△3五銀だったとのことだが・・・

elmo形勢判断:+76(互角・久保寄り)

△1五歩に手抜きして▲4四歩と突いた手が勇敢な一手で形勢挽回に成功。

久保王将、チャンスを逃す?

※elmo「悪手」判定。

108手目、深浦九段は7二にいた飛車を4二に回す。この手をelmoが「悪手」判定。

これに対し、久保王将は▲3三桂左成としたが・・・

▲3六金~▲3三桂左成としていれば、久保王将有望だったとのこと(この将棋の棋譜・将棋ソフト解析)。

最後の「悪手」

elmo形勢判断:-190(深浦寄り)

elmoスコア的には、まだまだどちらに転ぶか分からない局面。

ここでelmoの読みは▲6三飛成。

が、久保王将の指し手は▲2八銀打(elmo悪手判定)。

以下、△1七桂と打たれ、少なくともelmoスコア上、一気に深浦九段に形勢が傾いた。

投了図

深浦九段、残留を決める。

久保王将、名人戦挑戦権争いで抜け出すことができず、6者によるプレーオフに。

久保vs深浦棋譜(将棋ソフト解析付き)

スポンサードリンク