第77期順位戦C1組・杉本昌隆七段が昇級する条件

2019年1月12日

第77期順位戦(2018年度)C級1組で、杉本昌隆七段が昇級する条件は?

残り1勝1敗で昇級

2019年1月8日(火)第9節が終了した時点で、杉本七段は8勝0敗で首位。

1/8(火)対局終了時点・上位4棋士の順位

1位:杉本昌隆七段(8勝0敗・番付7位)vs.船江 千葉

2位:藤井聡太七段(8勝0敗・番付31位)vs.近藤誠 都成

3位:近藤誠也五段 (7勝1敗・番付6位)vs.藤井 増田

4位:船江恒平六段 (7勝1敗・番付14位)vs.杉本 金井

既に、全勝は杉本七段を含め2人のみ。一敗も2人しかおらず、しかも、次節(2/5)は、全勝の藤井七段と1敗の近藤誠也五段の直接対決がある。

※杉本七段自身も、1敗の船江六段との直接対決。

1敗でも昇級

杉本七段が9勝1敗で順位戦を終えた場合、「番付7位の1敗」となる。

この「番付7位の1敗」を上回る可能性があるのは、現時点では、藤井七段(番付31位の全勝)と、近藤誠也五段(番付6位の1敗)のみ。

そして、次節でこの2人が対戦する(藤井 vs 近藤)ので、最終的に「番付7位の1敗」を上回る可能性があるのは、藤井七段か近藤誠也五段のどちらか一人ということになる。

なので、杉本七段の場合、残り1勝1敗以上で、ライバルの勝敗に関係なく、自力で昇級を決めることができる。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています