第44期棋王戦で高見叡王vs増田六段が実現!同一人物判定方法は?

2018年7月18日

2018年6月22日(金)、第44期棋王戦予選2組決勝で、高見泰地叡王 vs 増田康宏六段 という「同一人物対決」が実現。

深浦vs藤井の裏

この対局の裏では、第66期王座戦準々決勝・深浦康市九段vs藤井聡太七段というマスコミが注目する一戦がある。

が、ネット民にとっては、深浦・藤井戦と同じくらいの注目カードと言えそうだ。

ネット中継は?

6/17時点の情報に照らす限り、高見vs増田戦のネット中継は、将棋連盟携帯中継のみ。

深浦vs藤井戦とかぶらなければ、アベマTVが飛びついたはずなんだが…

ただ、当日までの間に動きがないとも限らないので、最後の最後まであきらめてはいけない。

当事者にとっては大一番

棋王戦予選決勝。勝てば、34人による挑戦者決定トーナメントに進出するという、当事者にとっては大一番。

似てるの似てないのと言っている場合ではないのかもしれない。

同一人物判定方法

ちなみに、この二人が同一人物か否かを顔写真画像を使って判定する方法がある。

マイクロソフトの開発者が公開している、顔の類似度を判定するサイト「TwinsOrNot.net」。

ネットで見つけた高見泰地叡王の顔画像、増田康宏六段の顔画像をダウンロードし、上記サイトの「Browse」から1枚ずつ選択。

すると・・・

「The two faces belong to the same person.(2つの顔は、同じ人のもの)」と出てくる。

やはり、人間の目はごまかせても、AIはごまかせないってことですな…

スポンサードリンク