2018/3/15増田康宏vs神谷広志 投了図&詰み手順

2018年3月17日

2018年3月15日(木)の第76期順位戦C級2組最終戦。

「勝てば昇級」という状況にあった増田康宏五段と、神谷広志八段の対局。

最終盤、相手玉に詰みがあるにも関わらず、神谷八段が自分の負けと思って投了

結果、増田五段が命拾いの勝利を挙げ、C級1組昇級を決めるというレアな出来事が起きた。

投了図と詰み手順

まで121手で増田五段の勝ち。

121手目、増田五段が▲5三飛と打った局面。

ここで神谷八段が投了してしまったのだが、増田玉には即詰みがあった。


△6九飛成

<前の手 次の手> 最終図>>


▲同 玉

<前の手 次の手> 最終図>>


△7八銀

<前の手 次の手> 最終図>>


▲同 玉

<前の手 次の手> 最終図>>


△6七金

<前の手 次の手> 最終図>>

※▲同玉なら△5六角以下。

▲8八玉

<前の手 次の手> 最終図>>


△7九角

<前の手 次の手> 最終図>>


▲9八玉

<前の手 次の手> 最終図>>


△9六香

<前の手 次の手> 最終図>>


▲9七角

<前の手 次の手> 最終図>>


△同香成

<前の手 次の手> 最終図>>


▲同 桂

<前の手 次の手> 最終図>>


△8八金

<前の手 次の手> 最終図>>


▲同 銀

<前の手 次の手> 最終図>>


△同角成

<前の手 次の手> 最終図>>


▲同 玉

<前の手 次の手> 最終図>>


△7七銀

<前の手 次の手> 最終図>>


▲9八玉

<前の手 次の手> 最終図>>


△8九角

<前の手 次の手> 最終図>>


▲同 玉

<前の手 次の手> 最終図>>


△7八金

<前の手 次の手> 最終図>>


▲9八玉

<前の手 次の手> 最終図>>


△8八金

<前の手 次の手> 最終図>>

なぜ詰みに気付かなかった?

詰むと分かっていれば、「プロなら一目」とも思われる平凡な詰み手順

では、なぜ神谷八段は気付かなかったのか?

※増田五段も他の手(▲8二角など)を指さなかったので、増田五段も詰みに気付いていなかったものと思われる。※

投了する一手前に神谷八段が指した△5五歩。

玉の逃げ道を作った手であると同時に、実は、増田玉に詰めろをかける手でもあった(変化手順の△5六角を用意した)。

ところが、そんなに素晴らしい手であることを、指した神谷八段自身が気付いていなかったようだ(おそらく増田五段も)。

両対局者とも、この△5五歩が、「その場しのぎの一手」としか思っていなかったことが、今回の珍事件を呼んだのだろう。

「楽観いけなしよく見るよろし」は升田幸三先生の有名な嘆きだが、悲観するのはもっといけないということなのかもしれない。

スポンサードリンク