あの出口若武三段が四段昇段!鮮やか「先行逃げ切り」で奨励会卒業

2019年3月3日(日)、奨励会三段リーグ最終日の対局が行われ、出口若武三段と黒田尭之三段が四段昇段を決めた。

新人王戦決勝の出口三段が四段に

新人王戦決勝で藤井七段と激闘

出口若武三段といえば、第49期(2018年度)新人王戦で、澤田慎吾六段や井出隼平四段らを破って決勝戦に進出し、藤井聡太七段と三番勝負を戦った実力者。既に、将棋ファン一般に知られた存在となっている。

出口三段vs藤井七段・新人王戦決勝1局目(藤井聡太ブログ)

出口三段vs藤井七段・新人王戦決勝2局目(藤井聡太ブログ)

「先行逃げ切り」で奨励会卒業

今期(第64回)三段リーグは出だしから快調に飛ばし、1月前半時点で10戦全勝、2月前半時点で13勝1敗と独走態勢を築く。

〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 ●〇 〇〇 〇● ●●

その直後の対局でも勝利して14勝目を挙げ、これでほぼ四段昇段を手中に収めた。

ラスト3局は3連敗も、ライバルに追いつかれるには至らず、鮮やかな「先行逃げ切り」レースで今期三段リーグを1着で駆け抜けた。

4月1日付で「出口四段」が誕生する。

井上門下、23歳。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています