羽生竜王vs豊島八段 第59期王位戦挑戦者決定戦ハイライト

2018年11月5日

2018年6月4日の第59期王位戦挑戦者決定戦・羽生善治竜王vs豊島将之八段の将棋のハイライト。

2日後の6月6日から始まる棋聖戦の前哨戦の意味もあった本局。勝ったのは…

<紅組>

<白組>

角換わりの将棋に

先手形勢:Apery26(互角) elmo28(互角)

昨今、トッププロの間で主流の角換わり。

この将棋も、両者納得の(?)戦型に。

豊島八段がリード

「先取点」を入れたのは豊島八段。

先手形勢:Apery-141(互角) elmo-518(豊島優勢)

飛車がフィールドを駆け回っている豊島八段がまずは先制。

豊島八段、チャンスを決めきれず

先手形勢:Apery-588(豊島優勢) elmo-514(豊島優勢)

ここまで、いい感じで試合を運んでいた豊島八段。

ここで△4五歩としたが、一本、△8六歩を決めておく手があった(Apery、elmoとも推奨)。

▲同歩なら、そこで△4五歩。

こうなれば、先手陣は8筋のガードが緩く、収拾困難だったということのようだ。

豊島八段にミス?

先手形勢:Apery-77(互角) elmo-123(互角)

先手も飛車を活用し、次に6筋から大きく動こうかという場面。

ここで豊島八段は△7四飛としたが、将棋ソフト的には「疑問手」。

△7二飛とし、▲6四飛なら△7六歩と打ち合った方が分かりやすかったようだ(Apery)。

本譜△7四飛に▲6六桂が入り、先手に勢いが出てきた。

先手形勢:Apery58(互角) elmo251(羽生指しやすい)

羽生竜王、判断ミス?

先手形勢:Apery158(羽生指しやすい) elmo303(羽生有利)

今、8六の銀に当てつつ6六角を防いで、後手・豊島八段が△7四桂と打ったところ。

ここで羽生竜王は▲7五銀としたが、Apery、elmoとも▲4四角ノリだった。

本譜、▲7五銀以下、92手まで進む。

先手形勢:Apery-126(互角) elmo-120(互角)

ここで羽生竜王は▲同金としたが、これを将棋ソフトは「悪手」判定。

ここは、ダサいかもしれないが、▲7九金だったとのこと(Apery、elmoとも)。

どうやら、勝負のポイントはここあたりのようで、本譜は急激に後手・豊島八段の勝ちの流れとなった。

先手形勢:Apery-1278(豊島優勢) elmo-1392(豊島優勢)

豊島八段が挑戦権

まで126手で豊島八段の勝ち。

先手形勢:Apery-Mate:13(豊島勝利確定的) elmo-Mate:13(豊島勝利確定的)

投了図以下の詰手順>>

スポンサードリンク

いっしょに読まれています